And Plants

多肉植物、塊根植物を科学的にベストな育成方法を考えるブログです。個人輸入、発根管理についての情報の発信しています。育成ライトの研究実施中!

カテゴリー
輸入関連|| 植物の基本育成ライト発根管理

【発根チャレンジ】Euphorbia hamata ユーフォルビア ハマタ 鬼棲木 発根管理してみる

Euphorbia hamata ユーフォルビア ハマタ 鬼棲木の発根管理を始めました。

 

目次

 

あまり調べずに購入したのですが、

発根が難しいらしい。。。。

たぶん無理かも。

 

 

購入株

卸売り業者から購入しました。

でもあまり良い卸売り業者ではなかったかも。。。。

 

↓到着株はこんな感じ

f:id:nanson0911:20210722221058j:plain

 

根っこの削られたとこが気になる。。。

大丈夫なのか!?

ブニブニして柔らかい箇所もある。。。。

なんか、ちょっと切った跡もみたいなのも???

 

ダメ株送ってきたかも。

 

根っこの先端がひどい状態だったので、

切りたくない派ですが、

切りました。

ユーフォルビアだけど。

ユーフォルビアはきっちゃダメと言う話もよく聞きますが。

切っても発根するときもあるので、

今回は仕方なく切断。

 

↓切り口

f:id:nanson0911:20210722221441j:plain

f:id:nanson0911:20210722221444j:plain

 

ユーフォルビアって白い液だ出るのでは!?

出ない。。。。

なんか黒い。。。。

 

ダメぽ

 

 

前処理

今回は、

オキシベロンに浸けたいとこですが持ってない。

ので、

メネデールを気休めに浸けてみました。

24時間浸けておきました。

f:id:nanson0911:20210722221649j:plain

 

 

用土

いつもの用土を使用しました。

サボテンオークション日本のブログを参考にしているので問題ないはず。

 

用土詳細は↓

andplants.hatenablog.com

 

鉢にIN

 

f:id:nanson0911:20210726052708j:plain

こんな感じに。

 

背が高くて揺れるので、

紐で縛っておきました。

 

置き場所

外の明るい日陰管理。

風通しが良いところに置く。

 

日陰に置くのは鉢が急激に温度が上がって蒸れることを防ぐためです。

蒸れたら腐りそうなので。

 

まとめ

置き場所は以下の4点+1を気を付ける。

光:直射ではない明るい場所

風:空気が動くところ(直接風はあてない)

温度:なるべく暖かく

用土:乾きやすいモノ

その他:ユーフォルビアは極力切らないけど切らなければいけないときもある

 

一番重要なことは

信頼のおける業者から購入すること!

 

 

 

8/12追記

やはりダメでした。

腐りました。。。。。。

敗因は、

ハマタは難しい

業者選定(ダメ株っぽかったよね)

柔らかかったし、

切った跡もあったし。

 

そう言う業者は長続きしないよね。

Giveの精神がないとね。

自分だけいい思いはダメ絶対。

 

っと自分にも言い聞かしています。

 

みなさんも気を付けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

↓最近はこの2種類ライトが好きです。赤青のバランスがいいです。

amazonアソシエイトに参加しています。