And Plants

多肉植物、塊根植物を科学的にベストな育成方法を考えるブログです。個人輸入、発根管理についての情報の発信しています。育成ライトの研究実施中!

カテゴリー
輸入関連|| 植物の基本育成ライト発根管理

Pachypodium baronii var. windsorii パキポディウム・ウィンゾリー の開花研究

f:id:nanson0911:20200408222137j:plain

 

Pachypodium baronii var. windsorii パキポディウム・ウィンゾリー の花が咲きました。

春ですね~。

巷はコロナで騒がしいですが。

私は花で癒されています。

 

3月の中頃から蕾を作り、

4/7に見事開花となりました。

 

環境は、

室内温室で育成ライトです。

温室は直射日光は入らないけど、窓の近くに設置しています。

育成ライトは強光タイプではなく、

赤:619~630nm、青:463~471nmの電力1W程度のライトです。

気休め程度の明るさです。

↓これです。

eco-guerrilla.jp

 

花を咲かせるには過去の記事でも書きましたが、

日長温度が重要です。

光の強さも重要かと思いましたが、

比較的に弱い光でも問題なさそうですね。

遠赤色光も特に無くても問題ありません。

↓花の咲かせ方詳細記事

andplants.hatenablog.com

 

温度は加温しているので、20~30℃程度です。

日長は蕾を作った時期のデータ見ると、12時間でした。

ウィンゾリーは日長が12時間になると花芽形成を始める可能性が高そうです。

 

種を作りたいけど、

相方がいない。。。。

来年までにもう1株買おうかなー★

 

 

↓最近はこの2種類ライトが好きです。赤青のバランスがいいです。

amazonアソシエイトに参加しています。