And Plants

多肉植物、塊根植物を科学的にベストな育成方法を考えるブログです。個人輸入、発根管理についての情報の発信しています。育成ライトの研究実施中!

カテゴリー
輸入関連|| 植物の基本育成ライト発根管理

ついにやります | オペルクリカリア パキプス(Operculicarya pachypus)実生

ついに買ってしまいました。

 

オペルクリカリア パキプス(Operculicarya pachypus)の種子。

前から欲しかったですが、高くて買っていませんでした。

最近はケーレスにも売っているので、値段も落ち着いてきたので購入してみました。

発芽率は悪そうですが。

とりあえず5粒。

0の可能性ありますね。。。

 

ネットでイマイチいい情報を見つけられなかったので、

いつも通りやってみました。

 

目次

 

 

種子の見た目

サイズは大きいですね。

果肉は付いていなさそうだったのでそのまま。

f:id:nanson0911:20210328222457j:plain

 

下準備

まずは、

ジベレリンで種子の活性化をします。(ジベレリンは発芽促進する植物ホルモンが入っている)

水+ジベレリンに8時間浸す。

割合:水1リットルにジベレリン1ミリリットル(なんとなくの割合です。)

 

f:id:nanson0911:20210328222502j:plain

f:id:nanson0911:20210328222508j:plain

 

 

用土の下処理

いつものcaudex用土の上表面1cmぐらいにバーミキュライトを入れます。

まず、

消毒のために熱湯をかけます。

冷ましたあとに腰水します。

そのあと、殺菌剤を散布します。

私が使っているのはダコニール10000です。

 

種を撒く

9cmプラステラに5粒ずつ撒きました。

種の上にうっすら土を被せました。

乾燥しないようにするため。

 

 

環境

場所:LEDを当ててはいない明るい

温度:パネルヒーターの上にあるので30℃以上だと思います

湿度:50%~70% 箱の蓋は閉めていない

 

最後に

あとは祈る。

0は避けたいが、避けたいけど、

 

祈りましょう。

 

 

 

 

 

追伸

0粒の発芽でした。

リベンジしました。

↓この記事に8通りの方法で試した結果があります。

 

andplants.hatenablog.com

 

 

 

↓最近はこの2種類ライトが好きです。赤青のバランスがいいです。

amazonアソシエイトに参加しています。