And Plants

多肉植物、塊根植物を科学的にベストな育成方法を考えるブログです。個人輸入、発根管理についての情報の発信しています。育成ライトの研究実施中!

カテゴリー
輸入関連|| 植物の基本育成ライト発根管理

輸入した時の豆知識 | 夏の輸入もこれを知ればちょっとは安心できるかも!?

夏は輸入できないしつまらんなーって思ってたので、

夏でも輸入できるか考えてしました。

 

ちょうど国際郵便に人から情報を聞けたのでよかった。

 

目次

 

 

 

結論

夏でも運が悪くなければ輸入できる。

運が悪いとダメかも。。

でも

ダメになる確率は低いと思う。

 

 

夏が危険な理由

日本の夏は高温多湿これは、

段ボールのなかにある苗にとっては厳しい環境となると思います。

・暑いことにより植物の体力が奪われる。

・多湿なため傷があるとそこから腐ってしまう。

この2点だと思います。

 

輸送時の保管状況

輸送時の流れは以下のようだと思ってます。

あくまでも私の予想ですが。

 

海外の業者

検疫

飛行機

税関

検疫

国内発送

 

海外業者→検疫

ここは不明ですね。

植物業者なので大切に扱われていると思います。

なので、ここでのダメージの確率は少ないと思う。

 

飛行機→税関

問題はここだと思ってました。

荷物が飛行機から税関に行くまでの間に保管されている場所がどうなのか?

国際郵便の仕事をしている人に聞いた話では、

税関の受付までは、

扉のない倉庫に置かれているみたいです。

日陰なので安心しました。

 

が、

荷物が多い日なのどは影になっていないとこに置かれる可能性もあるいたい。

ここは運ですね。。。。。。

 

予想ですが、

大半は日陰に置かれるのではないかと思いました。思いたい。

 

 

 

税関→検疫所(防疫所)

ここでの保管場所も倉庫のような場所だと思います。

問題が発生して時間がかかる時は、

頼めば空調のある部屋に置いてもらえる時もあるみたい。

検疫してくれる人はめっちゃ優しいです。

 

検疫所→自宅

トラックで運ばれるときは暑いかもしれませんね。

期間はまー1日ぐらいでしょう。

 

 

まとめ

夏でも炎天下に置かれることはないので、輸入しても大丈夫のような気がします。

気がします。

 

 

やてみた

6/13にヨーロッパの業者に発注してみました。

7月中に着けば問題はないと予想しています。

どうなる!?

また、到着したらレポートします。

乞うご期待!!

 

 

おまけ

輸入してみたいけど、

不安、やり方が分からない

って思ってる方のために、

輸入のやり方を学べる、コミュニティサイトを作成しました。

 

魚を与えるのではなく、

魚の釣り方を教えたい!

と、思い作りました。

 

ご興味がある方は是非!

 

いい株は日本に来ると5倍になる!

それに納得がいかないので作ったサイトです。

私の考えに賛同できる方は是非よろしくお願いします。

 

↓サイトを見る

https://www.p-iic.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓最近はこの2種類ライトが好きです。赤青のバランスがいいです。

amazonアソシエイトに参加しています。