And Plants

多肉植物、塊根植物を科学的にベストな育成方法を考えるブログです。個人輸入、発根管理についての情報の発信しています。育成ライトの研究実施中!

カテゴリー
輸入関連|| 植物の基本育成ライト発根管理

Pachypodium baronii var. windsorii パキポディウム・ウィンゾリー実生について

Pachypodium baronii var. windsorii パキポディウム・ウィンゾリー実生について

f:id:nanson0911:20200203230312j:plain

Pachypodium属の種子はカビ易いので撒く前に下準備が必要です。

 

まず、用土を消毒するために

沸騰したお湯を用土に十分かけます。

冷ますためにここで腰水しておきます。

尖っている方を下に向けて、種子が見える程度に土に挿す様に蒔く。

用土は水はけがよい方が良い結果になると思います。

殺菌剤ダコニール1000を希釈し霧吹きで散水する。

蓋をして加湿状態にする。

殺菌剤は1週間に1回→2週間に1回と間隔を少しずつあけて散水します。

 

発芽気温は25~30℃必要です。

 

発芽後は腰水を辞めます。

私の場合は全て発芽したら腰水を辞めます。

土の表面が乾燥したらすぐに霧吹きでたっぷり水を散水します。

 

発芽までは半日、日なたになるような場所で管理します。

発芽後はできるだけに当たりの良い場所で管理します。

 

冬季は15℃以上になる環境にて管理し、3~4週間に1回灌水します。

水を与えすぎると徒長してしまうので注意が必要です。

 

■まとめ

発芽までに時間:1~2週間で発芽開始する。

        1ヵ月程度で発芽は完了する。

発芽温度:25℃以上

発芽後の水:土の表面が乾燥したら霧吹きでたっぷり散水する。

日光:遮光無しでOK

   発芽までは午前半日当てる

   発芽後はできるかぎり多く当てる

 

 

 

 

 

↓最近はこの2種類ライトが好きです。赤青のバランスがいいです。

amazonアソシエイトに参加しています。